【ネタバレあり】映画『竜とそばかすの姫』の感想

映画『竜とそばかすの姫』を観に行ってきました。

『サマーウォーズ』や『未来のミライ』の細田守監督ということで少し前から気になってました。

とはいえ、当初は地上波で放送されてから見ようかな~って考えていたりしていて、わざわざ映画館まで足を運ぼうとは思っていませんでした。

そんな時にテレビの予告でメインテーマのUが流れてきたんですよ。

そしたらめっちゃ気に入りました!

そして映画を見る前から通勤中に繰り返して聞いてるようになりました。

それで、曲を聴いているうちに映画そのものが気になったので、行ってみるかということで観てきました。

¥1,100 (2021/07/24 20:05時点 | Amazon調べ)

映画を観終えて思ったことは、これは映画館で観るべき作品だってことですね。

しみたか

映画館の巨大スクリーンだと迫力があっていいね!

というわけで映画『竜とそばかすの姫』の感想を書いていきます。

ココからはネタバレを含みますので注意してください

スポンサーリンク
目次

映画『竜とそばかすの姫』あらすじ

50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

もうひとつの現実。もうひとりの自分。
もう、ひとりじゃない。

映画『竜とそばかすの姫』公式サイト

要するに

  • 内気な女子高生すずが仮想世界の歌姫ベルとして成長していく様子
  • ベルとの交流により少しづつ心を開いていく竜の様子
  • 竜の正体を探す推理要素

こういった感じの要素が描かれた映画です。

ボクは映画を観る前はTVで聞き流していた情報から

  • 仮想現実で歌う女子高生の話らしい
  • 竜の正体を探すらしい

といった感じで考えていました。

『竜とそばかすの姫』感想

「竜とそばかすの姫」公式サイト

映像がとても綺麗

『竜とそばかすの姫』を観終わって最初に思ったことは、とにかく映画館で観るべきってことですね。

冒頭で仮想現実<U>がダイナミックに描かれて、歌姫ベルがメインテーマのUを歌いながら登場するシーンですでに映画に引き込まれました。

仮想現実<U>の大迫力できれいな映像の魅力はテレビの小さい画面ではこの壮大なスケールを表現するのは難しいのではないでしょうか。(大画面のテレビがあるならともかく)

終盤でUの世界を埋め尽くさんばかりにのAs(アズ)の前で歌う主人公・すずの姿に周りが心を動かされ、竜も心を開いていく様は圧巻の一言。

すず=ベルへの共感

歌姫ベルか物語の中で人気になったのは「自分のために歌ってくれている」と感じる歌でした。

現実世界のすずは完ぺきとは程遠くむしろコンプレックスが強く、弱みばかりでした。

Asと作る時に自分がこうなりたいと考えていた同級生のルカちゃんに似た容姿にそばかすがあるのを見て、そばかすを消そうか迷っていたけど、結局そばかすが付いたままにしました。

そうして<U>の世界に入ってみると、母の死がきっかけで人前で歌えなくなったすずだが、「ベル」と名付けたAsとしては自然に歌うことができました。

初めの内は心無い言葉をかけられたり、批判してくるアンチがいたりしたけれど、徐々に歌姫ベルとして人気が出てきました。

そばかすというコンプレックスのついた容姿、現実世界での弱みを載せた歌が共感を呼んだことが受け入れられた理由なんじゃないかと思います。

ボクも自分に自信がなく弱みを受け入れられないことが多いのですが、ベルの姿を見て、自分の弱みを受け入れて強みに換えていけるようにしたいと思いました。

竜との出会い

「竜とそばかすの姫」公式サイト

そんなすずの現実に変化をもたらしたのが嫌われ者のAs「竜」との出会いだったと思う。

竜の抱える傷について知ろうと近づき交流していく中で、徐々に竜も心を開いていくが、世界中で竜への誹謗中傷が溢れ、<U>と現実世界の2つから竜を排斥しようと正体探し(アンベイル)が加速していきます。

その中で、竜の抱えた傷を理解しようとし、その心を救おうと奮闘していくことがすずの現実における成長の大きなきっかけになったのだと思います。

ネット社会の怖さを垣間見た

醜い容姿でただ武道場で憂さ晴らしをしていた竜が正義を名乗るAsたちに追い回され、次第に竜を排斥する動きが高まってきます。

そんな中で竜の正体を探すために現実世界で様々な人に誹謗中傷がいったり心無い言葉が飛び交う様子を見て、ネット社会の闇というものを垣間見たような気がします。

エピローグ的なものが欲しかった

終盤で、すずが現実世界の竜を救おうと奮闘するのですが、その方法では実際には救えないんじゃないかな~って感じがしてモヤモヤしました。

その後もどうなったのかも話に出ていなかったので、エンドロール中にスナップ写真を流したり、エピローグを加えたりしてほしかったですね。

しみたか

ストーリーはちょっとモヤモヤが残るかも

まとめ:映画館で歌と映像を堪能しよう

「竜とそばかすの姫」公式サイト

この映画の魅力は劇場で観てこそ100%発揮されるものだと思いました。

仮想現実<U>の壮大な世界観やベルの歌声は映画館の巨大なスクリーンや音響設備でこそ引き込まれるものがあると考えています。

ストーリーの細かいところでは首を傾げたくなるところがあったり、その後のことが気になったりしてモヤモヤとしたけれどまぁまぁハッピーエンドといえるのではないでしょうか?

しみたか

もしかしたら、その後を想像する余地を残しているのかな?

もし『竜とそばかすの姫』を観ようと考えているのなら、地上波やDVDとかではなく劇場に足を運んで観ることをオススメします。

ストーリーが好きな方は小説版もあります

この映画では映像と歌が一番の魅力だと思っていますが、映画のストーリーや話そのものをじっくり味わいたいと思っている方は小説版もあります。

Amazonプライム会員なら無料で見れる

2022年8月3日、ついにAmazonプライムビデオで無料で見ることができるようになりました。

金曜ロードショーで急遽中止になって見れなかった時は残念でしたがプライムビデオでいつでも見られるようになったんですね。

ネット通販ではAmazonをよく使うからプライム会員になっているのでありがたい限り!

「竜とそばかすの姫」以外にもさまざまな作品が見放題なので、これを機にプライム会員になってみるのもアリかもですね。

しみたか

外出できなくても困らない!

Amazonプライムは30日間は無料で体験(月額500円)できるので、気になる作品を見終えたら解約してしまうこともできます。

なので一度登録してみて使わないと思ったら解約しても何も問題はないです。

にほんブログ村に参加しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次