モーニングページをやってみた

こんにちは、しみたかです。

みなさんは、やりたいことや悩みはあるけど自分の中で考えがまとまらない。そんなことはありませんか?

そんなことを考えているときにモーニングページというものを見つけたので、やってみようと思いました。

ぼくは4月から始めてから思いのほか続いているので、モーニングページをやってみて感じたことを書いてみようかと思います。

スポンサーリンク
目次

モーニングページとは

ジュリア・キャメロン氏の本で紹介されている手法です。続けていくことで創造的になれるとのこと。

モーニングページのやり方

朝に起きてすぐ、頭に思い浮かんだことを手書きでノートに書いていきます。著書では3ページの余白を埋めれば何を書いてもいいと書いてあります。

何も書くことが思いつかなかったら、「何も思いつかない」と3ページ分書いてもいいです。

他人の目には触れさせず、自分でも8週間ほどは読み返さないようにします。

ぼくのモーニングページのやり方

A5やB6のノートだと大きすぎて1ページも書けずに挫折すると思ったので、最初は無地のA6ノートを使うことにしました。

これなら小さいので続けやすそうだと思いました。

ノートがなくなるくらい書くことに慣れてくると、物足りなくなってきたので少し大きくしてB6ノートを使うことにしました。

ぼくとしては罫線があった方が書きやすいかなと思います。

休日は時間があるのでゆっくり書けますが、仕事があると朝の時間は限られているので、支度などをする時間になれば3ページ書けなくてもノートを閉じます。

たとえ1ページしか書けなくても、毎日続けていくことを心掛けるようにしました。

モーニングページをやってみて感じた変化

頭がスッキリする

これはよく感じます。

今まで朝の準備をしているときは眠気を強く感じていました。

でも、モーニングページをした後は脳の排水ができたようで、ポジティブな気持ちで朝をスタートすることができるようになりました。

いつもギリギリだった朝の準備でも余裕ができるようになりました。

早起きがしやすくなった

モーニングページを続けているうちに早起きすることが習慣になってきました。

起きるのが遅くなった日はモーニングページを書けなくて悔しく思うこともあります。

自分の考え方が分かってくる

モーニングページで自分の悩みや考えなどを書いていくと、頭で考えているよりも自分の気持ちがハッキリするように感じます。

毎日似たような言葉が出てくると、同じようなことを考えているんだな~って分かりますね。

ブログを書き始めた

ブログを始めることには前から興味があったのですが、なかなか行動に移せませんでした。

モーニングページを書いていると、ブログを書くことについて毎回書いていることに気づいて、実際にブログを作って書いてみようと思って始めることができました。

まとめ

  • 朝起きたらノートに手書きで書く
  • 小さなノートから書き始めてみる
  • 頭に思い浮かんだことをそのまま書く
  • 毎朝続ける

早起きがつらいという意見もあるかもしれませんが、スマホの代わりにノートを手に持って続けていけています。

たとえ1ページしか書けなかったとしても、毎日書くことが続けていくコツだと思います。

にほんブログ村に参加しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次